雇用情勢が改善される中バイト求人が増加

改定された最低賃金は全国平均を上回っていて、東京、神奈川、大阪に次いで全国4番目に位置しているのが埼玉県です。一部製造業や小売業を除き、全体にアルバイトの時給平均も高いレベルにあるといわれています。最近の経済状況の好転で、ようやく製造業の現場でもアルバイトの採用が積極的に進む傾向にあります。
すでに一部の飲食店ではブラック企業という評判や、深夜業務に対する嫌気から若者の確保が難しくなってきています。今後、景気の上昇に伴い、さらに製造業での臨時スタッフ需要の増加も見込まれるのでますます飲食店や小売業での人材確保が難しくなることが予想されています。大宮を中心とした都市部では、小売業や飲食業を中心に旺盛なアルバイト需要が見られます。しかし、東京の巨大市場と隣接しているため、いい条件を提示する東京の企業に人手が流れているという指摘もあるようです。このエリアでは人の動きが激しいことから、希望の職種や条件を比較しながらいろんな選択肢の中からアルバイト先を選べるメリットがあります。その一方、埼玉県内の北部や西部においては、状況が異なります。JR各路線や県内の私鉄各線の沿線駅では、小売業と飲食業が地元客や学生などを対象にした地域密着型の経済が成り立っています。製造業の進出も一部みられますが、アルバイト需要の大半はこれら沿線の駅周辺の小売と飲食関連に集約されています。首都圏のベッドタウンとして成長している中小の都市が多く、通勤圏は制約されるものの、安定したアルバイト先としては今後有望かもしれません。

コメントを残す

Your email will not be published. Name and Email fields are required.